“令和”への改元記念特別キャンペーンです!

 

あなたも 改元と共に 私生活の苦悩を手放して
もっと楽に生きるチャンス
を手に入れませんか?

発達障害改善プログラムはこんなご家族にオススメです

<お子さん>

 ✅ ADHD(注意欠如多動症)でいつも動き回って落ち着かない

✅ コミュニケーション能力が非常に弱い

✅ いくら言っても大切な指示が伝わらない

✅ 学校で友達や先生とうまくやっていけない

✅ 他の子供に迷惑をかけることが多い

✅ 言葉で自分の気持ちを伝えられずについ暴力に訴えてしまう

✅ 協調性に欠けていて将来が心配

混乱して耳を塞ぐ子

<親御さん>

✅ 子供が外でトラブルを起こし易いので気持ちが落ち着かない

✅ 子供の聞き分けが悪いのでついイライラしてしまう

✅ 子供の行動を親のせいにされて辛い

✅ 子供に注意ばかりしていて疲れてしまう

✅ 子供が寝付けないので自分も眠れない

✅ 毎日子供を見ているのも実はしんどい

✅ 子供への対応に疲れて肩こりや腰痛に悩まされている

イライラする母親

あなたも私生活の疲れやイライラを解放しませんか?

発達障害改善プログラムでは、 大きく3つの柱
  お子さんと親御さんの双方にアプローチします

 

1:ことば

2:からだ

3:聴覚

 

ある発達障害のお子さんを持った方の実例をご紹介します

K.T親子の実例

専門機関で検査を受けていた頃

 Tさんは、発達障害を持つお子さんを持ち、日々の生活の中で将来の不安や私生活の疲労を感じ ていました。プログラムを受ける前、インターネットでのリサーチを繰り返し、娘さんの持つ困 難を軽減してくれるところを探している中で、今回のプログラムを見つけました。

  初めは民間ということもあり、ご主人がきっちりしたところの検査結果を条件ということですぐ には申込みはされませんでした。

 Tさんは、その後聴覚では全国クラスという看板を出す大きな 病院に行き検査を受けました。そこは、重度の小児難聴が専門で「聴こえる」範囲にある娘さん の「聴こえの歪み」はまるで問題なく、診察でも話はまともに聞いてもらえず、短時間で「うちは 忙しい。お宅は患者じゃないから帰って」と追い返されたそうです。

  実はこうした対応は、専門を掲げた専門機関であっても珍しくはないことです。その後も、いくつ もの病院を回ったものの、まともに話しも聞いてもらえずに、リッスンプラスを探して来られました。そして最終的に発達障害プログラムの中のリスニング療法を受 けていただくこととなったのでした。

発達障害改善プログラムを受けていく中で

 Tさん親子は、娘さんが8歳の頃から10歳の頃までプログラムに参加をされていました。

ヘッドホンでモーツアルトを聞く

ヘッドホンでモーツアルトを聞く
(本人の写真ではありません)

 プログラム を受ける前は、噛みついたり、何かを蹴ったりして不満を表現していたのですが、プログラム中に言葉で不満を しっかりと伝えられるようになっていきました。

 その後も何かを伝えた時に返事をしてくれるよ うになったり、話しをしている人の方を向く回数も増えていき「ちゃんと聞いているんだ」と思え る回数が増えていきました。

 そうした娘さんの変化は親御さん以外のところからも気づいて貰えるようになりました。小学校の担任の 先生や学童の指導員の方からも「変わったね!」という反応をもらえ、本当に娘さんが「変化してい ることを実感できた。」と言われました。

 専門機関を除き、民間での相談所を知らないということで比較はできないということでしたが、 「いくつもの病院を回っても受けることができなかった〝診察”をようやく受けることができた気 がした。」とのことでした。

参加者の満足度の平均が82.65%に達する
「発達障害改善プログラム」とは

発達障害改善プログラムには2種類のコースがあります。

 

1:リスニング療法

聴覚刺激訓練のLiFTプログラム臨床動作法カウンセリング
を組み合わせています。

2:親子動作法

お子さんと親御さん双方に臨床動作法を受けて頂き、
ご家庭でも親子で出来るようにご指導します。

 これらを親子で受けて頂くことで、お子さんと親御さんも共に変化して頂くことが可能になります。
 特に、お子さんのことで疲労やストレスが溜まっている親御さんへのストレス解放メソッドは、お子さんが改善していく上では大切な役割を担っています。

「ことば」「からだ」「聴覚」の3つの視点から 
 実際にどのようにお子さんと親御さんにアプローチするのかをご紹介します

1.リスニング療法における「聴覚

  へのアプローチ

 

LiFTプログラム

LiFTプログラムでの音声訓練(朗読)

LiFTプログラムでの音声訓練 (朗読)

 音を受け入れるだけでなく、私たちのからだの動き(目やバランス感覚も含む)をコントロールしています。だから、聴覚力を改善することが感覚の統合と発達障害の改善につながります。

 LiFTプログラムは、自身の読字障害を克服し、カナダに聴覚訓練のためのリスニングセンターを立ち上げた ポール・マドール氏が開発した機器(LiFTキット)を使用します。

 それは音楽や声の周波数を変化させ骨伝導によってマッサージするように優しい刺激で聴覚を訓練します。そして、聴覚から脳への音の伝達能力を高め、脳の情報配線をつなぎ変えるのです。

 だから、それまで混乱していた情報の誤配線も脳が正しく整理し直し、新しい情報を本来つなぐべき情報につないでくれるのです。 

 そして、混乱というストレスも軽減され、本来の能力を発揮できるように なり、発達障害の状態も改善されるのです。

2.親子動作法における「からだ」

  へのアプローチ

 

臨床動作法、漸進性弛緩法、

呼吸法、など

臨床動作法 立位で軸立て

臨床動作法でのからだの軸を作る練習

★ 臨床動作法

 日本臨床動作学会の提唱する臨床動作法は、九州大学名誉教授の成瀬悟策氏などが開発した心理療法です。

 あなたは、からだの固まっている部位(慢性緊張部位)に気持ちを向けながら、そこを動かす、ということをやったことがありますか?

 臨床動作法では、からだの緊張した部位に気持ちを向けながら、そこをクライアント自身が主体的に動かすように働きかけます。 すると、周りが驚くほどからだもこころも同時に変化(改善)していきます。

★ 漸進性弛緩法

「腕 → 脚 → 腰 → 背中 → 頸 → 顔」 と順にからだの部位に緊張と弛緩を加えながら、全身を漸進的に弛めていく弛緩法(リラックス法)です。

★ 呼吸法

 からだ全体に新しい空気(気)を取り込み、自分の中の不必要なもの(痛みや老廃物、不安感など)を吐き出しながら、自分の中を浄化・活性化していきます

3.プログラム全体における

 「ことば」でのアプローチ

 

 心理カウンセリング、

 コーチング、催眠療法など

心理カウンセリング

ことばによるカウンセリング/ コーチング

★ 心理カウンセリング: 
  アメリカの大学院とカナダのファミリーカウンセリングセンターで学びました。 クライアントの相談に乗りながら、本人の中に
 埋もれている能力や資源を本人と協力して見つけ出します。

 そして、クライアントとは別の視点や発想を提案したりしながら、クライアント自身の力で問題を解決出来るように支援します。

★ ライフコーチングとスピリチュアルコーチング:
  日本で学びました。 現状に甘んじず、より高い目標を立てて、より幸せな成功や未来を手に入れたい人を支援します。

★ 催眠療法:
日本の小柴隆弘先生と米国のミルトン・H・エリクソンの催眠を学びました。 催眠術のように、術者の思い通りにクライアントを動かすことはしません。

 なぜなら、催眠療法の目的は催眠状態を作る事では無く、催眠状態を利用しながら良い暗示(ポジティヴな思考やイメージ)を強化することだからです。

 だから、カウンセラーとクライアントが協力して潜在意識に働きかけながら、からだとこころを弛め、集中力を増す事で、クライアント の潜在能力を高め、意識や行動の変化を図れるのです。

 このように、「♪リッスン+(プラス)♪では、アメリカのM.A.とLiFTインストラクター、そして臨床動作士の資格を持つ井上が、個々のクライアントの状態に合わせて、上記のストレス解放メソッドを組み合わせながら、夫々の改善・成長に最適のオリジナルプログラムを作成します。

3つの視点からのアプローチだから

クライアント様からの確実な評価:目標への達成満足度の平均 79.35,%, サービスへの満足度の平均 82.62%

リッスンプラスのプログラムはメディアでも取り上げられました

新聞, 雑誌等に掲載された紹介・依頼記事

紹介されたメディア

そのほか、ケーブルTV&ウェブTVの「ベジヒーリング」に2回に亘って取材されました。

———————————————————————————————————————————————————————————————

「“脳はいかに治癒をもたらすか”神経性可塑性研究の最前線 “
第8章 音の橋 -音楽と脳の特別な結びつき-” 」

(ノーマン・ドイジ博士著;高橋洋 訳)

  この本の中で、カナダのリスニング・センターでの聴覚刺激訓練(LiFTプログラム)で起きた数々の奇跡の事例が、27ページに亘って紹介されています。
 (日本でLiFTプログラムを行えるのは 井上 慧子 ただ一人です。)

 発達障害改善プログラムを受けることで・・・ 

・親子のコミュニケーション能力があがる

・学校でのコミュニケーション能力もあがる

・本が上手に読めるようになり学習能力もあがる

・親子で疲れにくくなり「からだ」が楽になる

・気持ちの面でもイライラが大幅に軽減する

・人の動きの真似ができるようになり学習面でも変化する

・何を言っても伝わらなかった子の聞き分けがよくなる

・寝つきがよくなり心身の疲労の軽減に繋がる   

親子で会話を楽しむ

こうした変化はどんな親子にも起こることです。
  (※変化の速さとレベルには個人差があります )

 さ ま ざ ま な お 客 様 の 声

逃げずに自信を持って子供に対応できるようになり、子供も楽になった

【C(小3)君の母】

子供に接する親の態度や言動をどのようにしたらよいか自信がなかった事が、自信を持って子供に対応できるようになり、子供も楽になったと感じます。
リスニング療法を受ける事ができ、本当に良かったと思っています。Cもとても育て易くなり、私も自信をもって逃げる事なく接することができるようになりました。出会う前に感じていた“そだてにくさ”にため息がでることもなく向き合えるようになったのも、井上先生にCがどうしてこうなのか、どうしてこうなるのか、を教えて頂いたので、理解してあげれるようになったのだと思います。
 井上先生から教えて頂いた数々の事、私がずっと悩み続けていた答えでした。 

明るく前向きになった

明るく前向きになった
(写真はイメージです)

心が本当に楽になりました。あのままリッスン+を知らなく、井上先生に出会わなかったら、私もCも歯車のずれたまま、人生を歩み続けて苦しんでいたことでしょう。想像するだけでこわいくらいです。
でも、これからは、明るく前向きに 楽しい人生を歩めそうな気持ちになっております。

本当に本当におせわになり、ありがとうございました。
そしてこれからも Cの「どうして?」の悩みにご指導いただきたくよろしくお願い申し上げます。 Cをすごく理解し わかって下さる先生に出会えましたこと 本当に幸せに思います。 何度お礼を言っても言いたりません。本当にありがとうございました。

こんなに短期間で文字を書く力や集中力が向上したことは凄いこと

【G君(小1)の母】

集中して文字を書く

集中して文字を書く

このような短期間でこれだけ(特に字を書くことや集中力について)改善されたことはすごいことだと思います。


発達の遅れ全般が向上し、とにかく びっくりしました。とにかく、子供の様子が一変したと思います。  

今まで学校に行きたくないと言っていたのが、文句を言わなくなりました  

【K君(中1)の母】

学校へ行くことが嫌じゃない

学校へ行くことが嫌じゃない

今まで学校に行きたくないと 言って ネガティブだったのに、

ぐちったり、文句を言ったりして学校に行かないとは、全く言わなくなりました。

大きな成長を感じました。

本人のための将来への投資だと思えます

【L(中2)君の母】

本人も私たち親も 自分と向きあったり、考えたりすることが出来ました。

親も 自分と向きあったり、共通認識を持ったりする

親も 自分と向きあったり、共通認識を持ったりする
(※イメージ写真)


 評価表であのように細かく分析したことは 初めてでしたが、
とても良かったと思いますし  具体的に理解することができたのが良かったと思います。
 料金を低くおさえて提供していただいていることはHPで拝見していましたが  (先生ご本人やご家族の生活時間をさいて調整していただいて感謝です)  ポンと出せる額ではないのでしばらくの間始めるかどうか悩みました。 でもやって良かった。本人のための将来への投資だと思えます。

・息子の感情に厚みが出て来た ・夫婦間の問題の共有認識が深まった 

【M(6歳)君の父】

楽しい!嬉しい!

リラックスして、色々な感情を表現できる
面白い!楽しい!嬉しい!(※イメージ写真)

感情に厚みが出て来た, 落差の巾も大きいが、ある程度、自分に対する 客観性が出来てきたように感じられる。 カウンセリングによって、夫婦間の問題の共有認識が深まった。 息子の状態に対する、対応の巾が、広がった。

【M(6歳)君の母】

動作法を教えていただき、親子共 リラックスすることが出来ました。 又、自分の子供なのに、特徴をわかってない部分が多々あり、気づかせていただきました。 アドバイスもしていただき 子供との関わり方がわかってきました。

「こんなに変わるものかな。」と思うほど成長しました

【Σ(中1)君の母】

目を見て楽しい会話

目を見て楽しい会話(イメージ写真)

お陰様で、Σは元気です。こんなに変わるものかなと思うほど、成長しました。 嫌なことを言われたり、されたりもしているようですが、対処の仕方は、冷静ですし、大人です。
(中略) ずいぶん自信がついたのでしょうか、「人の目を見て話ができるようになったんだ!」と言っていました。 (中略) あのまま、リッスン+(プラス)さんにお世話にならなかったら…Σは、人間不信になり、学校もどうなっていたかわかりません。
私自身も、子供のことをありのまま受け入れることができず、もっと苦しんだでしょう。
リスニングやカウンセリングを受け、どうなるかわかりませんでしたが、 初めてリスニング を受けてから、2年弱ですが、 あの頃とは違い、成長しました。 ありがとうございました。
同じような悩みのかたがいらっしゃいましたら、少しでも励ましになりますよう、一例としてお話しください。

音楽療法、動作法、コーチングとミックスした療法の相乗効果の奥深さ

【ナカムラファミリーさん(中学生男子の母)のアンケートより】

【Q:♪リッスン+♪をどの様に勧めたいですか?】

音楽を聴いてリラックス(イメージ写真)

説明では難しい面があるので、まず、体験して欲しい。

【Q:♪リッスン+♪のサービスを受けて良かったと思える点、問題の改善に役立ったと思える点、或いは感想などをお書き下さい。】

 当初は、病院医療以外の方法で改善したい一心で訪ねて、始めましたが、想像以上に音楽療法、動作法、コーチングとミックスした 療法の相乗効果に奥深さと今後の課題への期待も大きくなりました

彼女の中のバラバラだった情報をうまく処理できる様になった

【ダニエルさん(小学生女子母)のアンケートより】

【Q:♪リッスン+♪をどの様に勧めたいですか?】
 特に、自分に自信を持てないお子さんに勧めたい。

【Q:♪リッスン+♪のサービスを受けて良かったと思える点、問題の改善に役立ったと思える点、或いは感想などをお書き下さい。】
 Aのことを理解して下さり、本当にありがとうございました。 私も理解出来なかった、彼女の不思議な言動が、理解出来、安心できる様になりました

情報が脳の伝達回路を伝わる

情報が脳の伝達回路を適切に伝わる
脳が整理されて本来の自分を楽しむ


彼女の中のバラバラだった情報が、うまく処理できる様になった様で、本人は気付いていない様ですが、恐らく楽になっていると思います

 また、何よりも一番の成長は、自分が苦手とすることは、人に頼って解決するという、彼女なりの解決法を見つける能力がついたみたいです。

 私が細かい事に気を配らなくても、全体として見守る方向でいけば良いと思える状態になったのも、彼女の脳が整理されてきたお陰だと思います。
 苦手としていた事は、相変わらず苦手みたいですが、本人なりの解決法を見つける様になりました。
 得意としていたバイオリンについては、練習のやり方が良くなりました。
結論として、彼女の場合は、足りないところを補うというよりも、強みの部分で成長して、弱みとしている事は、自分なりの解決法を見つけられる様になったのが、成長と言えると思います。
 これからどの様に成長していくのか、楽しみに見守って行きたいと思っています。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次は、あなたとお子さんが体験をしてください

★ 参加された方の満足度の平均が82,65%!

親も子もイライラと疲れを解放して楽になる
発達障害改善プログラム体験セッションの詳細 
👇 👇 👇

場 所 :〒273-0011 千葉県船橋市湊町2-12-24湊町日本橋ビル5F

日 時:フォームよりご都合の良い開始時間お選びください。
 お申込み後、すぐにメールを返信させていただきます。
 セッション時間は、約90~110分となります

7月5日(金)
・13時〜
・15時~

7月7日(日)
・13時〜
・15時~

7月9日(火)
・14時〜
・16時~

 その他の日時をご希望の方は3種類の日時をフォームのコメント欄にご記入ください。

参 加 費:15,000円 

 但し、キャンペーン中は  キャンペーン価格 8,000円!!

募 集 定 員:キャンペーン中, 1日2家族様限り!  

更に、今だけ 限定の3大特典!!:↓↓↓

・ 自宅で聴覚力を付けるROL(音読)の画像とやり方の説明ファイル

・ 酷い痛みも貼るだけで改善するマイナスイオンシート2枚を無料進呈

・ 聴覚力のアセスメント(査定)を無料で実施

“令和”記念特別キャンペーン体験セッションのお申し込みはこちらから

今すぐ体験セッションに申し込む

 

プロフィール

重度の痛み改善&能力発揮を援ける LP式ストレス解放コーチ 井上 慧子

■ 重度の痛み改善&能力発揮を援ける
   LP式ストレス解放コーチ 井上 慧子

ノース・イースタン・イリノイ大学大学院教 育学部のカウンセリン グ学科(コミュニティ& ファミリー・カウンセリング専攻)を卒 業。北米で2年間心理カウンセラーとして働きながら、カナダで聴 覚刺激訓練のLiFTインストラクターの資格を取って2000年に帰 国。

現在は、ストレス解放スペース「リッスン プラス」にて臨 床動作法と心理カウンセリングとLiFTプログラムとを組み合わせた リスニング療法を提供。

重度の肩こり、五十肩、腰痛、イライラ、不安、ウツ、パニック症 状、聴覚過敏、発達障害症状などからだとこころと聴覚の不調に悩 む人々の支援をしている。

プログラムに参加された顧客124人へのアンケート統計で、目標達 成への満足度が平均79.35%、サービスへの満足度では82.62%に達 する。

2017年、「7つのストレス解放ケア」として7つの療法・メソッド を統合したセルフケアプログラムを開発。 重度の心身の悩み・痛 みや発達障害症状を改善した後、クライアント自身が自分のストレ スを解放・コントロールしながら、仕事面にも生活面にも自信を持 って対処行動していけるように援助している。

“令和”への改元記念特別キャンペーン体験セッションのお申し込み先